賃貸経営をする場合不動産管理会社ができる「賃貸仲介」業務

賃貸経営をする場合は、どこまでを自分たちがするのかが大切です。全て自分たちでやれば家賃収入は全部入ってきます。ですがマンパワーに限界があるならば一部の作業をプロの不動産管理会社に委託する方法もとれます。

今回は【賃貸経営をする場合不動産管理会社ができる「賃貸仲介」業務】を説明いたしましょう。不動産管理会社が賃貸経営オーナーに代わって、独自の幅広いネットワークを活用して入居者募集・テナント募集・契約締結をしてくれます。物件の毎日の管理業務はご自身でするオーナー様に向いている方法です。

■賃貸仲介に向いている賃貸経営オーナー様のイメージ像とは

  1. 空室物件を少しでも早く効果的に埋めたい希望がある人
  2. 毎日の管理業務は自分でやって不動産管理会社への委託料を節約したい人
  3. 入居者の審査や契約の業務はプロの不動産会社に委託したい人

■賃貸仲介サービスを利用する場合の3つのメリットとはこれ!
(1)入居者・テナントを効率的に早く見つけることができること
今お持ちのマンションやアパートなどの賃貸物件の入居者募集やテナント募集を不動産管理会社が幅広い経験豊富なネットワークを駆使して行います。店頭だけなくインターネットや雑誌や独自のネットワークを使って効率的にスピーディーに入居者を見つけてくれます。

(2)最初の入居者募集からクロージングの賃貸借契約までプロに任せて安心できること
入居者募集から入居者の審査や賃貸借契約まで専門家である不動産管理会社に任せることができますからトラブルもありません。

(3)日々の管理業務は自分でして委託料をセーブできること
管理業務だけは管理会社へ委託しない方法もとれます。賃貸経営オーナーさんが賃貸物件の管理ができますから管理料を節約することができます。