賃貸経営をする場合不動産管理会社ができる「リロケーション」業務

マンションや一戸建ての不動産を期間限定で貸したい場合はあるでしょう。転勤で今、お住まいの自宅を使わなくなった場合です。

今回は【賃貸経営をする場合不動産管理会社ができる「リロケーション」業務】を説明いたしましょう。定期借地契約によって期間を決めて契約します。海外転勤や子どもさんの通学などの理由で、一時的に住み替えが必要になるシーンでも安心です。期間限定で部屋や家を貸したい人に向いているサービスです。

■ リロケーションに向いている人のイメージ
(1) 転勤が急に決まって期間限定で留守宅を貸し出したい人
(2) 留守宅を賃貸住宅として有効活用して家賃収入が欲しい人
(3) 住み替えをするのですが、今の自宅は子どもの資産として残したい人
(4) 賃料の査定を希望する人

■ リロケーションをする場合の3つのメリットはズバリこれ!
(1) 家賃収入があることは、やはり大きい!
留守宅を利用して得られる家賃収入は想像以上に大きいです。毎月のローン返済を家賃収入で賄っている転勤族はとても多いのです。

(2) 期間満了したあと、家がもどってくる
不動産会社と入居者が「定期借地契約」を締結します。契約期間が満了したら確定的に契約が終了します。堂々と明け渡しを受けることができます。数年先に居住する予定があるならば最適でしょう。

(3) 空き家管理のひとつの対策方法になること
社会問題になっているのが空き家の増加です。数年間に渡って住居を密閉状態にするのは良くありません。家を老朽化させてしまうからです。湿気がこもります。カビが発生します。水道にサビが発生します。こういった視点からも留守宅を貸すことは意味があります。家賃収入を得ながら家を管理するのです。