賃貸経営をする場合に知っておきたい不動産管理会社の4つのサービス

アパート建築・マンション建築・駐車場経営・遊休地の活用など土地活用にはいろいろな方法があります。中でもアパートやマンションを賃貸経営する方法は人気があります。個人でできることには限界があるのでプロの不動産会社を選ぶ必要があります。賃貸経営のノウハウがある会社を選ぶようにしましょう。

今回は【賃貸経営をする場合に知っておきたい不動産管理会社の4つのサービス】についてまとめておきましょう。このページでは概要をご紹介します。詳しくは詳細ページにて解説いたします。

■ 賃貸経営をする場合不動産管理会社ができる「サブリース」業務
サブリースとは、不動産管理会社が賃貸経営オーナーさまの代わりに、お手持ちになられているアパートや賃貸マンションを借り上げて第三者に賃貸・転貸しするサービスのことをいいます。「一括借り上げ」「空室保証」「「家賃保証」「賃貸保証」などの文言があるのがこれです。安定した家賃収入を得ることができる特徴があります。

不動産管理会社は入居者捜しやクレーム対応までしてくれます。不動産管理の煩雑な部分を解消してくれます。一般的な担当業務は、(1)入居者の募集(2)家賃の集金(3)修理修繕の対応(4)入居者対応(5)クレーム対応(6)建物の管理(7)入居前点検(8)賃貸契約手続きなどです。

賃貸経営をする場合に知っておきたい不動産管理会社の4つのサービス

■ 賃貸経営をする場合不動産管理会社ができる「リロケーション」業務
リロケーションとは留守宅を期間限定の条件で賃貸するサービスのことをいいます。賃貸経営オーナーが委託した不動産管理会社と入居者が定期借家契約を結びます。契約期間が終了した時点で確定的に契約は終了します。オーナーさんは確実に受け渡しを受けることができるのが大きな特徴です。

海外勤務から帰任したときに「住む家がない!」なんて不安はありません。ですが契約期間満了の1年前から6カ月前に入居者に通知しなければなりません。海外転勤などがあって自宅を留守にしたり将来的にご家族に家を残したい場合に使います。数年後に利用の予定があるならばコレで決まり!

一般的に不動産管理会社がやってくれるのは(1)入居者の募集(2)家賃の集金(3)修理修繕の対応(4)入居者対応(5)クレーム対応(6)建物の管理(7)定期巡回(8)明け渡し交渉です。

■ 賃貸経営をする場合不動産管理会社ができる「賃貸管理」業務
不動産管理会社が賃貸経営オーナー様に代わって不動産物件の管理業務全体を行ってもらうサービスのことをいいます。賃貸物件の修理・修繕・掃除などのメンテナンスや家賃徴収などの入居者の窓口業務を管理会社がやってくれます。

一般的に不動産管理会社がやってくれるのは(1)入居者の募集(2)家賃の集金(3)修理修繕の対応(4)入居者対応(5)クレーム対応(6)建物の管理(7)賃貸契約手続き(8)退去後のリフォームです。

■ 賃貸経営をする場合不動産管理会社ができる「賃貸仲介」業務
賃貸仲介は不動産管理会社が賃貸経営オーナーさまに代わって、空室になった場合の入居者募集やテナント募集をしてくれるサービスです。お手持ちのマンションやアパートの賃貸物件の入居者やテナントを独自のネットワークや店頭・雑誌・インターネットを駆使して効率的に募集します。入居希望者の審査や賃貸借経営の締結までお願いできるので安心できます。

一般的に不動産管理会社がやってくれるのは(1)入居者の募集(2)物件の案内(3)入居者の審査(4)賃貸契約手続きです。

■ いかがでしたでしょうか?
ここでは概要だけをかいつまんでご紹介しました。詳しくはそれぞれのページをご参照ください。